2010年03月30日

雑記帳 手すき和紙のウエディングドレス 秋田・横手(毎日新聞)

 秋田県横手市に200年以上前から伝わる手すきの「十文字和紙」を使ったウエディングドレスを、同市の手芸家、泉川祐子さん(62)が作った。31日まで、同市のイベント施設「ね・ま〜れ」で展示している。

 素朴で温かい独特の風合いを知ってほしいと考え、和紙職人や手芸仲間が協力。純白ですそが広がったプリンセス型と、紙素材のこうぞの白皮をむいてアレンジしたマーメード型の2着を約2カ月かけて仕上げた。

 白むくで隣町から嫁いだ元小学教師の泉川さんは「いいな、という人がいれば作ってあげたい」。婚姻率(人口当たりの年間結婚数)が全国最低レベルの秋田だが、“紙の導き”でカップルが生まれるか。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
<ウエディングドレスの話題>西川史子:「これで完璧、無敵の女に」バレンタイン挙式 ウエディングドレス姿で結婚会見
<ウエディングドレスの話題>南明奈:ウエディングドレス姿で“よん様”と模擬挙式
<ウエディングドレスの話題>道端ジェシカ:桂由美のウエディングドレスでパリコレデビュー バトンとの結婚は無言
<ウエディングドレスの話題>結婚式にペンギン2羽が「出席」 静岡のホテルで
源氏物語結婚式:紫式部邸宅跡で十二単 女子大生が発案

野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
<普天間移設>県内2案提示へ 一部「県外」とセット(毎日新聞)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
<国家戦略相>高効率石炭発電も 国際協力銀の融資先で検討(毎日新聞)
<人事>農林水産省(毎日新聞)
posted by マシコ トシアキ at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

「どこで吸えば…」灰皿求め“漂流”する神奈川の喫煙者(産経新聞)

 全国初の受動喫煙防止条例施行を4月1日に控えた神奈川県では、オフィス街で屋外の灰皿設置場所を探す喫煙者の姿が目立っている。複数の飲食店チェーンが前倒しで県内全席禁煙を実施する一方、条例の対象外の職場でも禁煙化が進んだとの指摘もある。受動喫煙対策の意識の高まりを背景に喫煙場所が減り、灰皿を求めて漂流する喫煙者たちの姿を追った。(寺田理恵、黒田悠希)

 横浜市中区のオフィス街、関内地区。昼下がりのドラッグストアの人だかりは店舗前に置かれた灰皿目当ての喫煙者だ。男性会社員(36)は「会社も禁煙、昼食場所も禁煙。灰皿を見ると、ほっとして吸いたくなる」と話す。

 神奈川県では受動喫煙防止条例の施行で、官公庁や百貨店、銀行など公共性の高い施設が禁煙となる。飲食店も小規模店を除き禁煙か分煙を選択する。県内では「マクドナルド」「ロイヤルホスト」といったチェーン店が前倒しで全席禁煙とし、昼食時に喫煙できる場所は減っている。

 コンビニエンスストア、たばこ販売店…。昼時ともなれば、店先の灰皿には止まり木のように喫煙者が集まってくる。

 20代前半の女性はマクドナルドが全面禁煙となったニュースを知ってがくぜんとした。「コーヒーを飲みながら吸うのが良かったのに…。来月からどこで吸えばいいのか」とこぼす。男性会社員(49)が頼りにするのは「分煙になっている喫茶店」という。

 チェーン店の全席禁煙化が先行する一方、空間を仕切って喫煙席も設ける「分煙」は煙たがられている。県が昨年11月に実施した調査でも、条例への対応を実施済みか実施予定の飲食店のうち約66%が禁煙を選択し、設備投資が必要な分煙は約19%にとどまる。

 条例を逆手に喫煙者対象サービスを検討する業者もいる。都内の店舗設計者は「風営法対象のパチンコ店などは規制が努力義務だが、3年後の条例見直しで適用されるかもしれない。それを見越し、有料の喫煙所開設を考え始めた経営者もいる。会員制なら規制の対象外だから」と明かす。

 条例施行後も喫煙可能な店は残る。飲食店では条例への対策を「検討中」「検討していない」とした店が計約66%。小規模飲食店は規制が努力義務の上、規制対象の店も過料が科されるのは1年後のためだ。

 様子見の店も多いとみられていたが、施行間際になり、県たばこ対策室には条例に関する問い合わせや相談が殺到。厚生労働省が先月25日、公共的な施設を原則として全面禁煙とするよう求める通知を都道府県などに送ったのがきっかけだった。「通知と有名チェーンの全面禁煙が後押しし、様子見だった店も動き始めた」(県たばこ対策室)。

 屋外喫煙が目立つのは「条例の対象ではないオフィスでも禁煙が進んだのではないか」(同)との見方もある。

 禁煙スペースが着実に増える中、喫煙者の居場所は残るのか。全国初の取り組みに注目が集まる。

 【神奈川県受動喫煙防止条例】受動喫煙による健康への悪影響を防止するため、公共性の高い施設を原則禁煙とする条例。学校や病院、映画館、官公庁などを第1種施設として禁煙を、飲食店やホテルなどを第2種施設として禁煙または分煙を義務づけている。強制力のない国の通知に対し、県条例には違反した喫煙者や施設管理者に過料を科す罰則規定がある。

【関連記事】
7府県で受動喫煙防止条例検討
厚労省が「全面禁煙」通知も…「実効性に疑問」「禁煙は世界の流れ」 
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!?
神奈川のマック全面禁煙に
神奈川の海水浴場、禁煙条例が可決
あれから、15年 地下鉄サリン事件

時効まで1年、犯人捜す父のビラ配布20万枚(読売新聞)
省内事業仕分け、公開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
<日米密約>文書「破棄」を第三者委で調査へ(毎日新聞)
<銀河鉄道999>北九州の空へ モノレール開業記念(毎日新聞)
posted by マシコ トシアキ at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

<子ども手当法案>参院厚労委で可決 26日成立見通し(毎日新聞)

 中学生以下1人当たり月1万3000円を支給する子ども手当法案は25日の参院厚生労働委員会で、民主、社民、国民新の与党3党と公明、共産両党の賛成多数で可決された。26日午前の参院本会議で可決、成立する見通し。6月から支給が始まる予定。

 法案は10年度に限定。政府は11年度から支給額を民主党マニフェストに明記した2万6000円満額に増やす方針で、来年の通常国会に法案を出し直す。【鈴木直】

【関連ニュース】
国家戦略室:ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当
民主党:国会改革関連法案を了承 成立の見通しは立たず
子ども手当法案:参院で審議入り 国内居住要件は今後検討
高校無償化:法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議
社民・国民新党:野党協議の前に説明を 民主党に要請へ

ライターの規制導入確実に=作業部会で業界同意−経産省(時事通信)
<公務執行妨害罪>不当取り調べで成立せず 神戸地裁(毎日新聞)
<日韓歴史研究>「教科書」溝埋まらず 継続危うく(毎日新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(4)「防ぎようはなかったのか」(産経新聞)
建設会社社長ら2人を逮捕=玉東町の入札妨害−熊本県警(時事通信)
posted by マシコ トシアキ at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。