2010年04月24日

「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)

 保守系の地方議員が結束し、国への発言力を強めようと、「草の根の声で日本を変える! 四・一七全国地方議員緊急決起集会」が17日、都内で開かれた。地方議員ら約450人が参加し、「打倒、鳩山政権」の方針で一致した。

 来賓の石原慎太郎都知事は「今度の参院選は外国人参政権を与えるか与えないかの選挙だ」と述べ、「日本の運命を左右しかねない問題。国が売られようとしている。がんばりましょう」と激励した。 

 集会では、日教組と民主党の癒着や、外国人参政権問題、民主党幹事長室に陳情が一本化されている現状など、政権への批判が続出した。

【関連記事】
18日に首長結党結党 消費税上げは法人税下げとセット
民主、統一地方選でも複数区に複数候補
民主岐阜県連で「小沢氏辞任」騒動 決議案で一時紛糾
議員減らし“廃県置州”を 関西経済同友会が提言
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意” 小泉進次郎氏前に
外国人地方参政権問題に一石

参院選公約に「国民安心税」=自民(時事通信)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
派遣社員遺族の請求棄却=自殺、うつ病認定されず−仙台地裁(時事通信)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
共同通信次長を逮捕=酔って駅員に傷害容疑−警視庁(時事通信)
posted by マシコ トシアキ at 06:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。